第7回 私のアイアイメッセージコンテスト

前のページにもどる

第7回 入賞作品

文部科学大臣賞

竹本沙代

広島なぎさ中学校2年

負けず嫌いの音桜へ

竹本 沙代 たけもと わか 広島なぎさ中学校2年

【講評】

 今年も力作が勢ぞろいしましたね。たくさん集まった作品を、どんな子がどんな気持ちで書いたのか、一人一人の顔や姿を思い浮かべながら読みました。審査では、「メッセージを贈る相手に思いをはせて、自分の言葉で具体的に表現できているか」という点を大切にしながら選びました。

 竹本さんの作品は、友達の音桜さんにつづった応援メッセージです。二人には、将来の夢があります。竹本さんは産婦人科の医師、音桜さんは助産師です。負けず嫌いで頑張り屋の音桜さんが「少しのことでも負けたら人一倍悔しがる」様子を具体的に描き、「悩んだときは私を頼ってね。だって、将来は二人三脚でたくさんの人の命を助けるもんね」と力強くエールを送っています。二人の夢がどんどん広がっていく姿が目に浮かぶ、いきいきとした作品になりました。審査員一同、心から拍手を送ります。

 「私のアイアイメッセージコンテスト」は、140文字という短い文章で、自分の気持ちとしっかり向き合い、心に強く感じた思いを表現する、とてもよい機会だと思います。あなたの大切な人や、応援したい人はだれですか。自分らしい言葉をつめこんだ、読む人の心に届く作品を、これからも楽しみにしています。

文部科学省初等中等教育局 視学官 東良雅人

主  催 毎日新聞社
後  援 文部科学省 公益社団法人日本眼科医会 公益財団法人日本学校保健会
特別協賛 アキュビュー

ページトップへ