気になる話題作

劇団四季バケモノの子猪王山キャストは誰?出演作や評価・口コミは?

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

劇団四季大阪でのミュージカル『バケモノの子』、猪王山役のキャストは伊藤潤一郎さんです。

伊藤さんは1978年生まれの俳優で、劇団四季に入団して20年以上のベテランです。

これまでに『ライオンキング』『オペラ座の怪人』『キャッツ』など、数多くの作品に出演しています。

猪王山は、バケモノの世界・渋天街の次期宗師候補の一人です。

強さと品格を兼ね備えた、渋天街でも指折りの剣士です。

伊藤さんは、猪王山の力強さと優しさ、そして、一郎彦への父親としての愛情を、力強くそして繊細に演じています。

伊藤さん演じる猪王山の見どころは、以下のとおり!

  • 力強い剣さばき
  • 一郎彦への深い愛情
  • 渋天街の街長としての威厳

伊藤さんの猪王山は、バケモノの子の世界をより一層魅力的にしてくれる、欠かせない存在なんですね!

 

劇団四季バケモノの子の猪王山キャストって誰?

劇団四季バケモノの子猪王山キャストは誰?出演作や評価・口コミは?

劇団四季の人気ミュージカル「バケモノの子」で、猪王山役を演じているのは伊藤潤一郎

彼は、どんな人物なのでしょうか。

伊藤さんは、1984年生まれの俳優です。2009年に劇団四季に入団し、これまでに「ライオンキング」「キャッツ」「オペラ座の怪人」などの人気作品に出演してきました。

猪王山は、「バケモノの子」の一郎彦・次郎丸の父親です。強さと品格を兼ね備えた、渋天街を統べる大将軍です。

伊藤さんは、猪王山の力強さと優しさを、見事に表現しています。

特に、一郎彦に優しく語りかけるシーンでは、観客の心を温かく包み込みます。

伊藤さんは、2022年から「バケモノの子」の猪王山役を演じています。

以前は「バケモノの子」の熊徹役を演じていた事もあるんですよ!

まだ猪王山としてのキャリアは浅いですが、その演技力はすでに高く評価されています。

 

伊藤潤一郎が演じる猪王山の魅力とは?

劇団四季バケモノの子猪王山キャストは誰?出演作や評価・口コミは?

伊藤潤一郎さんが演じる猪王山の魅力は、大きく分けて2つあります。

1つ目は、力強さです。

猪王山は、バケモノ界で最も強いと言われる存在です。

伊藤さんはその力強さを、力強い立ち居振る舞いや力強い声で表現しています。

2つ目は、優しさですね。

猪王山は、一郎彦や次郎丸のことを深く愛しています。

伊藤さんはその優しさを、優しい眼差しや優しい声で表現しています。

伊藤さんは、この2つの魅力を見事に融合させて、猪王山というキャラクターを生き生きと表現しています。

相反するもののようですが、街長と父親という異なる立場でも演じることができる素晴らしい俳優だと言えますよね!

 

伊藤潤一郎の評価や口コミは?

こちらでは、観劇した方からはどのような評価なのか?

どのような口コミがあるのかを見ていきます。

健気なチビ九太、蓮のお母さんの深い愛、葛藤し成長する九太、一郎彦の哀しみと猪王山の愛、熊徹と九太の親子以上の絆と無償の愛は何度観ても毎回毎回涙が止まりませんでした。
この物語の中には熊徹と九太の親子と共に、猪王山と一郎彦親子の愛情もあり、バケモノの愛情もありとても深い内容でした。
アニメとはまったく迫力が違い凄かったです。特に熊徹と猪王山が、戦うシーンのパペットに迫力があって、役者3人がかりで、あやつっているのが凄いと思いました。
 観る度に、感動を受けるシーンが、増えてきます。蓮のお母さん、そして、猪王山の夫婦の子供への愛情は、見事です。ヤギのお母さんも。親の愛だけじゃなく、仲間の愛も。こんなにこんなに愛情溢れる作品、家族、親子、恋人同士で、観てほしい。
猪王山の品行方正さ、蓮の父親のダメダメな感じは、三者三様だけども子供のトラブルを前にして、普段の姿は消えて狼狽える。それでも解決するためには自分のスタイルを貫くしかない。結局、子供のためなら父親って不器用でも良いじゃないか!と感じさせてくれる作品でした。
猪王山の気品と風格、熊徹の不器用さと愛情が本当に美しく、目の前で見れた感動で涙が出てしまいました
メインキャストや子役さんの素晴らしい歌声や殺陣に圧倒されましたが、観劇を重ねるにつれアンサンブルや裏方の皆さんのシンクロに魅せられました。

世間の評価や口コミを見てみてみましたが、戦うシーンや親子のシーンでの評価が高いようですね!

※こちらは劇団四季の公式HP内の200字コメントから一部抜粋しています。

 

劇団四季バケモノの子の猪王山キャストは誰?まとめ

劇団四季バケモノの子猪王山キャストは誰?出演作や評価・口コミは?

劇団四季バケモノの子の猪王山を演じる伊藤潤一郎について調査してきました。

2023年12月16日までは熊徹を演じていた伊藤潤一郎。

急遽、伊藤潤一郎さんが演じる事になった猪王山は、劇団四季「バケモノの子」の大きな見どころの1つです。

2024年5月25日までは、大阪四季劇場で楽しむ事ができます!

ぜひ、劇場でその魅力を堪能してくださいね。

チケット入手は劇団四季公式HPへGO!