第6回(2017年)入賞作品

文部科学大臣賞

竹本沙代 広島なぎさ中学校2年

負けず嫌いの音桜へ

 「将来は、一緒の病院で働こうね。」と、つい最近も話したばかりだ。私の夢は産婦人科の医師、音桜の夢は助産師だ。少しのことでも負けたら人一倍悔しがる音桜。物事が上手く行かず悩んでる音桜を見たこともある。そんな時は、私を頼ってね。だって、将来は二人三脚でたくさんの人の命を助けるもんね。

毎日新聞社賞

新沼瑠衣 岩手県大船渡市立日頃市中学校1年

友達の愛梨ちゃんへ

 「それじゃ、こういうのはどう?」と私の意見を頭っから否定せず、私の考えもおりまぜて新しい案を出してくれたね。愛梨ちゃんは「私なんて。」っていってるけど、みんな頼れるなと思ってるんだ。やさしく包み込んでくれるような性格、すごいなって思う。私も愛梨ちゃんを見習ってがんばるよ。

日本眼科医会賞

本多竜 鹿児島市立城南小学校6年

ソフトボール少年団の榮陽大へ

 「しまった」。ぼくの投げたボールはベース手前にバウンドした。「バシッ」体で受けてくれた陽大くん。何度そのファインプレーに救われただろうか。君がドッシリ構えてくれると、ストライクゾーンがとても広く感じるよ。ナンバーワンの捕手は君だと思う。これからも、ぼくは君に思いっ切り投げ込むね。

 

日本学校保健会賞

前原千裕 東京・女子美術大学付属中学校2年

剣道部一年の佳志乃へ

 誰だって厳しい稽古では疲れた顔をしているのに、佳志乃は疲れた顔一つせずにどんどん先輩にかかっていく。だから、佳志乃の「ナイスファイトです」。は気持ちがいいくらいよく心に響く。もう少し。もう少し頑張ろうって思わせてくれる。これからもメンバーを奮い立たせてね。都大会進出の夢、叶えようね。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー賞

湯田菜々香 鹿児島市立山下小学校6年

かもめ体育教室のえいた君へ

 「どうやったら上手にとべるけ?」と、首をひねりながら真けんにとび箱をとぶ方法を考えるえいた君。同じ体育教室に通っている二歳年下の見習いたいライバルだ。私はあまり考えずにとぶけど、えいた君は、とぶ前に何度も考えた方法を空中で試している。これからも二人でもっと高い段をとぼう。

「アキュビュー」賞

遠藤清佳 静岡市立清水第七中学校1年

いつも元気いっぱいの蒼葉へ

 いつも一緒に居てくれる蒼葉。リコーダーコンサートや普段の学校生活で、色々な事を共に乗り越えていったね。小学校最後の運動会で蒼葉と流した涙の味、汗や砂ぼこりのにおい、今でも覚えているよ。これからも、色々な事があると思う。辛い事やうれしい事、けんかする事も。だけど、私は大好きだよ。

【奨励賞】(小学生部門)

片岡璃咲 神奈川・洗足学園小学校5年

働きもののまいちゃんへ

 林間学校で机を毎日ふいてくれたまいちゃん。だれか他の人が汚してもふいてくれていた。他の人がトランプをしていてもふいていた。私はすごいと思った。私だったらたぶん人にたのんでいる。そんな責任のあるまいちゃんが。次は四年生。今度は下級生もいる。しっかり者の上級生になれるよ!がんばれ!!

恒松望花 東京・筑波大学附属小学校6年

親友の恭子ちゃんへ

 はっきり言って、運動はあまり得意じゃない恭子。でも、得意と好きは違うよね。馬乗り帽子取りで、上の人を持ち上げられなかったとき。鞄にどっさり本を入れて練習していたね。今度ある遠泳にむけても頑張っている。みんなのために、自分のために努力する恭子は本当にすごいよ。いつも勇気をありがとう。

寺田帆花 茨城県筑西市立大田小学校6年

整備委員会のりなちゃんへ

 私が草むしりの当番で草をむしっているとき、当番でもないのにいっしょに草をむしってくれたりなちゃん。自分が当番のときは、決まりである三十本をとっくにこえているのに、むしり続けるりなちゃん。私はそんなりなちゃんを尊敬しています。私はりなちゃんをまねしてがんばる。りなちゃんもがんばれ。

中村美結 広島市立庚午小学校6年

剣道部のゆなちゃんへ

 ゆなちゃんは初めのころよく泣いていたね。でも、今はとってもたくましくなったと思うよ。大きな相手でも立ち向かっていったり、こわい先生とけいこをしたり。そんなゆなちゃんを見て、私は何度も勇気をもらったよ。これからは私が、ゆなちゃんが苦しい時や悲しい時勇気づけるね。これからもよろしくね。

馬場汐里 大阪府和泉市立国府小学校6年

音楽クラブの里緒へ

 里緒はいつもクラブのみんなをまとめたり、代表してみんなの前で歌ったりしている所を見て、本当にすごいなと思うよ。でも、里緒は「みんなをまとめるの難しいわ」と言っていたよね。その時、「甘えてばかりいた」と気付いたよ。だから、里緒が楽になるように私がんばるから、いっしょにがんばろうね。

【奨励賞】(中学生部門)

伊賀小姫 東京・修徳中学校1年

親友の菜月へ

 「笑っててくれないと困る」。あの時菜月が私に言った。その時は言葉の意味を理解しようとしなかった。でも今なら言葉の意味分かる気がするな。菜月から笑顔が消えると不安になるし、私も笑顔になれないよ。菜月の笑顔を取り戻すためになら私は何度でも言う。「笑ってくれないと困る。」ってね。

中澤花凜 東京・女子美術大学付属中学校2年

努力家の琉璃へ

 「じゃあ、あと一回やってから」。あんまり練習しすぎたら足痛めるよ、と言ったら琉璃はこう言った。何事にも一生懸命で自分が納得いくまで練習し続ける。私は琉璃のこういう所がすごいと思う。チアの強い学校に行くために必死で勉強している姿は、キラキラしていてとてもまぶしく見えます。頑張ってね。

板倉俊 東京都足立区立入谷南中学校3年

努力家の祥太朗へ

 「やっと解けた」。そう言って笑顔になる祥太朗を見て僕は焦りと喜びの入り混じった感情に襲われる。自分の夢に真剣な彼の眼差しに何度敬服したことか。全身全霊で進路や夢を追いかけ手を必死に伸ばしている彼には「努力家」の三文字がよく似合う。これからも互いに高め合える友としてがんばっていこう。

北村姫菜子 佐賀・致遠館中学校3年

副部長のみうへ

 「副部長なのに何もできなくてごめん」。みうの口癖だよ。でもみうは結果も出してた。それが毎日一人で走り込こみしててノートとっててみんなのことを一番に想ってくれてるからだってみんな全部知ってるよ。みうのその姿が教えてくれた。だからみうは最高の副部長だったよ。だからその口癖はいらないからね。

淵上亮太 千葉県船橋市立前原中学校3年

野球部の藤嶋一輝へ

 野球部にいる部員のほぼ全員が野球経験者の中、唯一経験者ではなかった藤嶋君はいつも人一倍努力していてとても輝いています。藤嶋君は口に出さないけれどみんな想像出来ない努力をしているのだと思います。手のマメと藤嶋君の実力がそれを物語っています。僕はそんな藤嶋君を応援しています。

学校賞

(順不同)
【小学校】
茨城県筑西市立大田小学校
千葉県柏市立酒井根小学校
東京都北区立滝野川小学校
東京・筑波大学附属小学校
神奈川・洗足学園小学校
大阪府和泉市立国府小学校
高知市立横内小学校
長崎精道小学校
鹿児島市立山下小学校
【中学校】
福島・会津若松ザベリオ学園中学校
栃木・作新学院中等部
千葉県船橋市立湊中学校
東京・女子美術大学付属中学校
東京学芸大学附属小金井中学校
神奈川・自修館中等教育学校
神奈川県二宮町立二宮中学校
静岡市立清水第七中学校
滋賀県守山市立守山南中学校
岡山・山陽女子中学校
広島なぎさ中学校
佐賀・致遠館中学校
熊本・文徳中学校
後援
文部科学省
公益社団法人日本眼科医会
公益財団法人日本学校保健会
特別協賛
アキュビュー
毎日新聞社

個人情報 | 著作権

掲載の記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は毎日新聞社またはその情報提供者に属します。

Copyright © THE MAINICHI NEWSPAPERS.All rights reserved.