第6回 私のアイアイメッセージコンテスト

第6回 入賞作品

文部科学大臣賞

星野莉菜 神奈川・洗足学園小学校5年

飼育委員の伊藤くんへ

 いつもウサギの飼育をしてくれる、伊藤くん。ふんそうじなどをお願いされてもウサギのために頑張る伊藤くん。そこまでウサギのためなら何でもする、一つの事を一生懸命やる伊藤くんを私は見習っていきたいな。誰かのためになれる人に私もなりたいな。そして皆もそうなって協力できるよう、頑張ろう。

毎日新聞社賞

中川菜沙 奈良市立登美ケ丘北中学校1年

相棒の愛子へ

 「笑いが大事やで」。が口癖でいつもみんなを笑かせてくれる愛子。去年ガールスカウトのキャンプで私がお米をこがした時も責めずに笑いにかえてくれたね。ほんまおおきに。世界でガールスカウト活動をするために頑張っている姿もみてるからね。いつも応援しているから同じ夢に向かってこれからも私と頑張ろうね。

日本眼科医会賞

阿部実穂 茨城県筑西市立大田小学校6年

がんばりやさんの亜弥ちゃんへ

 「よっしゃあ解けた」。そう言うと亜弥ちゃんは、パッと表情が明るくなった。私と亜弥ちゃんとの勉強の会話が広がる。亜弥ちゃんは、助産師という夢が決まってから、勉強をがんばっているね。私も、栄養士という夢のためにがんばるね。これからも親友で、ライバルとして、お互いがんばっていこうね。

日本学校保健会賞

大村菜奈 香川県高松市立高松第一中学校1年

友達の麻由伽ちゃんへ

 「学校がいやだ」。 最近麻由伽からよく聞く言葉。とても不安だよ。昔の私になるんじゃないかって。昔私が同じようなことをつぶやいた時、麻由伽言ってくれたじゃん。「私が居るし、大丈夫」。そう言ってくれた時とっても安心した。学校がいやじゃなくなった。私は麻由伽の考えが変わるまで言う。「大丈夫」。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー賞

田中美沙 鹿児島市立山下小学校6年

五つ太鼓で一緒の潮音ちゃんへ

 私と一緒の習い事の潮音ちゃん。潮音ちゃんの「エイサァ」。や「いまからだぁ」。というはく力あるカッコイイ、そして引きよせるそんな声。私はいつもこの声を聞いたら、「曲が終わるまでがんばろう」。そんな気持ちになれる。潮音ちゃんは二年生。これからも、引きつけるような声をたくさんの人に聞かせてね。

「アキュビュー」賞

鍋島圭 広島なぎさ中学校2年

少年野球時代の捕手、「大和」へ

 「おれが打つから安心しろ」。といつもマウンドで言ってくれた大和。何度この言葉に 助けられたか。どんなピンチも二人で乗り越えてきた。どんなに苦しい練習もずっと二人で乗り越えてきた。血と汗と涙で。あのマウンドには二人の思い出がいっぱいつまってるね。大和、今度は甲子園で会おうな。

【奨励賞】(小学生部門)

岸田紗弥 神奈川・洗足学園小学校5年

同じ卓球クラブの伊藤ちひろちゃんへ

 「練習したんだ」。強くなった訳を聞いた時そう言ったよね。クラブが始まったばっかりの時は、私も勝っていたよね。だけど今は、もう打てないくらいの低めサーブを打ってくるね。「努力は実を結ぶ」って、本当だな、と、私その時思ったんだ。今、ちひろは私より強い。だから私も、練習して強くなるよ!

佐藤仁南 神奈川・洗足学園小学校5年

陸上クラブのしのへ

 しのは去年、運動会の800メートル走で活躍した。それは才能の表れだ。「走る才能」というよりは「努力する才能」だと思う。しのが自分の時間を練習に費やしていたのを知っていたから。そんなしのは努力をおしまない「真のかっこよさ」を持っている。今年もまた、その「才能」を武器にしてがんばれ!

尾崎唯葉 鹿児島県出水市立米ノ津東小学校6年

となりのクラスの晴菜さんへ

 「おはよう」。いつもろう下ですれちがったとき、笑顔であいさつをしてくれる晴菜さん。今日はわたしからあいさつを、と思うけどいつも先に言われてしまう。晴菜さんのその笑顔でいつも元気をもらっている。いつも先にあいさつをされるから明日はわたしから言うよ。とびっきりの笑顔で「おはよう」。って。

幸田利明 大阪・関西創価小学校6年

大親友の健ちゃんへ

 健ちゃんはいつも静かで優しいけれど大好きな卓球になるとまるで別人のように豹変。真剣なまなざしで相手をにらみ自分の世界へ引きずりこんでいく。こんな凄い健ちゃんが私の大親友だなんて誇りに思えた。また今度卓球の試合の話や漫画の話とか聞かせてね。そして、これから先もずっと大親友でいてね。

早川詩乃 茨城県筑西市立大田小学校6年

しっかり者のあずさちゃんへ

 あずちゃんは、プールの授業でいつも私と泳ぎの練習をしてくれるね。あずちゃんも私もできなかった平泳ぎをいっしょに練習して、泳げるようになったよね。あずちゃんのおかげだよ。それにあずちゃんは一人でいる友達にも声をかけていて、みんなのお母さんみたいだね。そんなあずちゃんを尊敬しているよ。

【奨励賞】(中学生部門)

樽井凜 香川県高松市立高松第一中学校1年

がんばり屋の朱里へ

 「もっと部活して上手になりたかったな」。と言った時の朱里の顔が忘れられないよ。だんだん足の手術日が近くなってくるね。でも、部活もできる事はがんばりながらしている朱里の姿に感動するな。そんな朱里なら手術もがんばれる!!私の前で弱音をあまりはかない朱里だけど足が痛い時は頼って!がんばれ!!

花房美沙希 奈良市立登美ケ丘北中学校1年

 

吹奏楽部の親友へ

 響子はいつも元気で明るいね。だから響子の吹くホルンの音は、明るく澄んだ音をしてるのかな。その音を聞くと、私もがんばらなきゃと思えるんだ。普段一緒にいる時も、響子はニコニコした笑顔で私たちを照らしてくれる太陽みたいだよ。あんまり言ったことないけど、「大好き!」そして、ありがとう。

木村京香 千葉市立小中台中学校2年

剣道部の瑛礼那へ

 「県大会出場」この目標を胸に新チームがスタートしたね。覚えてる?一年のときの市総体で県大会に行けなくて涙する先輩達を見て「私達の代では県大会行きたい!」って二人で言ったこと。今、それを叶えるときがきたんだよ。難しいし、苦しいし、辛い。でも絶対つかむって決めたよね。県大会への切符。

高橋和花 東京学芸大学付属小金井中学校2年

同じマンションの向日葵へ

 最近会ってないよね。バスケ部入ったんだってね向日葵。運動神経よくて背も高い向日葵なら強豪チームでも活躍できるよ!でも辛い時はいつでも言ってね。私見たんだ。向日葵が駐車場で汗水流して練習しているところ。涙を流しているところ。いつでもいくよ?二〇一号室。だからいつでもおいで四〇三号室。

横小路花 山梨県南アルプス市立櫛形中学校2年

バスケ部のナナへ

 汗で練習着がびしょびしょになる毎日。そんな女バスの中で喘息持ちのナナは、いつも笑顔で練習を盛り上げてくれた。その裏で練習後にすぐにトイレに行って激しくせき込んでるよね。皆にそんな姿を見せないで笑顔で振る舞ってくれるナナがすごいと思うし、尊敬してるよ。これからも一緒に頑張って行こう。

学校賞

(順不同)
【小学校】
茨城県筑西市立大田小学校
千葉県柏市立柏の葉小学校
東京都葛飾区立本田小学校
神奈川・洗足学園小学校
大阪・関西創価小学校
高知市立横内小学校
大分県宇佐市立安心院小学校
鹿児島市立山下小学校
鹿児島県出水市立米ノ津東小学校
沖縄県名護市立名護小学校
【中学校】
埼玉県さいたま市立与野南中学校
千葉大学教育学部付属中学校
千葉県船橋市立湊中学校
東京都大田区立大森第六中学校
東京学芸大学付属小金井中学校
静岡市立清水第七中学校
福井県越前市・南越中学校
愛知県刈谷市立刈谷東中学校
滋賀県守山市立守山南中学校
奈良市立登美ケ丘北中学校
兵庫・武庫川女子大学付属中学校
香川県高松市立高松第一中学校
広島なぎさ中学校
佐賀龍谷学園龍谷中学校
熊本・文徳中学校
熊本信愛女学院中学校
 
 
主  催 毎日新聞社
後  援 文部科学省 公益社団法人日本眼科医会 公益財団法人日本学校保健会
特別協賛 アキュビュー

ページトップへ